ネットショップとは、インターネット上で広告を出し商品販売やサービス提供をする「通信販売」の一種です。
最近はインターネットで手軽に商品が買える時代になり、自分でもネットショップを始めたい方も多いかと思います。


ネットショップには次のようなイメージがあります。

(1) 店を出せば全国から自動的に注文が入る。
(2) 誰でも楽に稼げる。
(3) 運営に手間がかからない。
(4) 価格が安ければ売れる。

たしかに、このように書かれた雑誌、本を多く見かけます。
しかしこのようなイメージを抱いてショップを開いても、なかなかうまく行かないと思います。


実際のところオープン当初、ショップのアクセス数(来店者数)は、考えているほど多くはありません。インターネットだから全国から見に来てくれると思いたいのですが、1日数人、ましてはゼロという日もあるかもしれません。


そのため「アクセスがない」「アクセスはあるが売れない」というオーナーの声をよく聞きます。


このように最初から大きな売り上げは望めません。初期投資に十万円、さらにランニングコストが毎月数千円かかるようではリスクが多すぎます。

そのため、最初は小さく始めてみましょう。初期投資や月々の経費を出来るだけかけずに、最初の半年、1年間はショップの基礎を作っていきましょう。


ドロップシッピングで在庫を抱えず初期投資を極端に減らし、ネットショップの基礎を作って行きましょう。

ドロップシッピングとアフィリエイトはどう違うのでしょうか。

アフィリエイトは、自分のサイトで広告主の商品を紹介し、そこから商品が売れたときに紹介手数料(成功報酬)をもらうしくみです。ドロップシッピングと似ているようですが、大きな違いとして、「ドロップシッピングでは自分で商品の値段を決められるが、アフィリエイトではできない」ということが挙げられます。


たとえば、あるバッグを販売するとします。価格(売り値)は10万円です。
アフィリエイトの場合は、商品を紹介するだけですので10万円のバッグは10万円で売らなければなりません。そして売り上げに応じて、広告主が定めた報酬額が支払われます。 報酬額はだいたい販売価格の1~5%程度、よくても10%といったところです。


ドロップシッピングの場合は、10万円のバッグだからといって、10万円で売る必要はありません。仕入れ値5万円のバッグを6万円で売れば粗利は1万円......といったように、自由に価格を設定することができます。


もちろん、他店と比べてあまりに高ければ誰も買わないでしょうから、現実的には大きな利益を得るのはそれほど簡単ではありません。しかし、競合調査を行い適正な価格で、魅力のある販売方法を考えて売れば、アフィリエイトよりも効率よく利益を上げられる可能性はあるといえますね。


では、アフィリエイトと比較して、ドロップシッピングのデメリットとは何でしょう?

ドロップシッピングでは、ドロップシッパーが売り主となって商品を販売するので、表向きは一般のネットショップと同じです。DSPによっては顧客対応や決済をドロップシッパー自身が行わなければならないところもありますし、返品された商品の買い取り義務が発生するところもあります。始める前にサービス形態を確認しましょう。


基本的に、ビジネスはリスクが高いほど儲けは増えますし、リスクが低いほど儲けは減るものです。ネットショップはリスクが高いぶん儲けが多く、アフィリエイトはリスクが少ないぶん儲けが少ないといえますね。ドロップシッピングは、この中間に位置づけられるのです。


もちろんドロップシッピングにもリスクはありますが、「ショップを開きたいけれど在庫リスクは取りたくない」「商品数を簡単に増やしたい」という方にはぴったりのサービスではないでしょうか。

最近、一部のアフェリエイターの中で 話題になっているのが、この「ドロップシッピング(Drop-shipping)」です。 耳慣れない、この言葉、いったい何でしょうか?


ドロップシッピングとは、い簡単に言うと 「商品を持っていなくても、その商品を自由に売れるシステム」のことです。


注文が入れば、あとはメーカーが直接商品を発送してくれます。 これはとても便利です。なぜなら、在庫を持つ必要がないからです。


しかもポイントは、メーカーからの品物は、あなたのサイト名義で送られる、というところです。 つまり、お客さんからしてみれば「あなたから購入している」と思うわけです。 ブランドものの財布をドンキホーテで買った時に 「グッチから買った」というより「ドンキでグッチの財布を買った」と思いますよね。 それと同じです。


今までドロップシッピングはアフィリエイターのひとつのアフィリエイトの方法と思われていましたが、ドロップシッピングこそネットショップオーナーの進むべき道ではないでしょうか。


在庫を抱えないことが如何にリスク低減につながるかネットショップオーナーならお分かりでしょう。


ドロップシッピングで在庫を持たず、リスクを抱えない気楽なネットショップを開設して見ましょう。

ドロップシッピングを簡単に言えば、「ショップが、在庫・仕入れなしで販売する流通スタイル」ということになります。


ネットショップでは、その商品の画像を掲示したりして商品を宣伝します。商品が売れたら卸問屋またはメーカーからお客さんの元へショップ名で発送してもらいます。


つまり、在庫も仕入れも必要ないのです。ネットショップは、お店を開いているだけでマージンが入ってくるのです。それには、ある程度宣伝をしなくてはいけませんが、在庫を抱えるリスクがない分ショップの宣伝にお金が掛けられます。


ネットショップではある程度アクセス数がないと商売になりません。ネットショップではアクセス数アップのための努力をすれば必然的に儲かります。


このようにリスクがほとんどない、ドロップシッピングはこれからのネットショップのスタイルであると思います。これでますます一般人のネットショップ参加への敷居が低くなりました。

ドロップシッピングサービスを行っているところはいくつもあります。どれもこれもとやらないで、ある程度専門性を持たせたほうが良いと思います。




以下にドロップシッピングサービスの一覧を掲載しましたので、自分にあったドロップシッピングサービスを選んでください。




・電脳卸ドロップシッピング (http://ds.d-064.com/global.do)

・RMドロップシッピング (http://ds.realmarket.jp/)

・もしもドロップシッピング (http://www.moshimo.com/)

・ドロップシッパーズ (http://himecom.net/ds/index.php)

・ドロップシッピング ジャパン(職人.com) (http://www.dropshipping.co.jp/)

・ミセつく!(http://www.misetsuku.jp/)

・A8ドロップス (http://www.a8drops.jp/)

・Web卸問屋 (http://www.web-oroshitonya.com/)

・通販素材.com (http://shop.tsuhan-sozai.com/)

・中古パソコンのデジタルドラゴン (http://www.uricom-net.com/drop/)

・::ecosec::(http://www.ecosec.jp/)

ドロップシッピングとは、インターネットによる通信販売の形態の一つで、アフィリエイトとオンラインショップの特徴を組み合わせた仕組みです。


ドロップシッピングのシステム提供者が、商品の仕入れや発送、代金の回収や決済システムの導入などの機能を提供し、オンラインショップ運営者はWebサイトで集客するだけで運営できるのが特徴です。


個人サイトでも企業と提携して販売手数料を得る仕組みにアフィリエイトがありますが、ドロップシッピングはアフィリエイトとは異なり、自分で商品の値段をつけることができるのが大きな特徴でしょう。


アフィリエイトは自分が推薦する商品を紹介し、自分のサイト経由で商品が売れた場合に売り上げの一部をもらえるというものです。この場合、販売店に対して人を流しているだけで自分が売っているわけではなく、販売店側の決めた価格で商品を売らなければならりません。


ドロップシッピングではサイトオーナーが推薦する商品の価格を自由に決めることができ、メーカー等からの卸価格との差額が利益となります。一般の小売店とは異なり在庫は持たなくて良いので、価格が高くて売れなくても損失を抱えることはありません。


国内でも、電脳卸ドロップシッピング、通販素材.com、Seesaaドロップシッピングなどのドロップシッピングサービスが登場しており、自社でECサイトを運営するよりも手軽にショッピングサイトを開設することが可能となってきました。

[もしもドロップシッピング]
 アフィリエイト感覚で出来るため、ブログ上での販売や、概存サイトでの販売に最適。個人向け。

・利用料金:無料
・商品仕入先:ドンキコム
・商品点数:約15,000
・取扱商品:家電・AV機器
      ファッション・アクセサリ
      音楽・CD
      美容・健康
      生活・インテリア
      食品・ドリンク
      レジャー・トラベル
      おもちゃ・ホビー
・販売価格上限:①定価のあるもの→定価の2倍まで
        ②定価のないもの→利益30万円まで
・送料:一律500円


[aiship(aidrop)]
 有料プランでは自社商品とドロップシッピングによって提供されている商品との並売が可能。

・利用料金:無料
・商品仕入先:一般サプライヤー
・商品点数:約10,000
・取扱商品:家電・AV機器
      ファッション・アクセサリ
      音楽・CD
      美容・健康
      生活・インテリア
      食品・ドリンク
・販売価格上限:あり
・送料:距離による


[電脳卸ドロップシッピング]
 独自商品が豊富にあるため、他DSPを使用しているドロップシッパーと差別化しやすい。販売主体をDSPとドロップシッパーから選ぶことが出来る。

・利用料金:無料
・商品仕入先:一般サプライヤー
・商品点数:約3,000
・取扱商品:家電・AV機器
      ファッション・アクセサリ
      音楽・CD
      美容・健康
      生活・インテリア
・販売価格上限:なし
・最低販売価格:卸価格以上
・送料:商品により異なる


[通販素材.com]
 もともと通販業務を行っていた企業のため、通販のノウハウが蓄積されている。また、独自商品があるため、他DSPを使用しているドロップシッパーと差別化しやすい。

・利用料金:無料
・商品仕入先:一般サプライヤー
・商品点数:約8,200
・取扱商品:家電・AV機器
      ファッション・アクセサリ
      音楽・CD
      美容・健康
      生活・インテリア
      食品・ドリンク
      おもちゃ・ホビー
・販売価格上限:なし
・最低販売価格:卸価格以上
・送料:商品により異なる


[セーリングクラブ(Selling Club)]
 CMS機能が充実している。また、ドロップシッパーには月額販売額に応じて手数料が上下するランクアップ・ダウンがある。売れる程手数料は安くなる。

・利用料金:売り上げによって手数料がかかる
・商品仕入先:一般サプライヤー
・商品点数:約4,700
・取扱商品:コンピュータ
      ファッション・アクセサリ
      生活・インテリア
      食品・ドリンク
・販売価格上限:なし
・最低販売価格:卸価格以上
・送料:商品により異なる


[リアルマーケットドロップシッピング]
 もともと企業を相手にするBtoBとして卸業をしていたため、販路をBtoBへ拡大することも比較的容易に出来る。管理ツールも充実。また、自社商品の販売・出荷代行(フルフィルメント)サービスもある。

・利用料金:月額525円
・商品仕入先:一般サプライヤー・自社商品
・商品点数:約8,200
・取扱商品:ファッション・アクセサリ
      美容・健康
・販売価格上限:なし
・最低販売価格:卸価格以上
・送料:商品により異なる

[エコセック(ecosec)]
 法人向け。運営会社がドン・キホーテグループのため商品数がとても豊富。ネットショップ構築ASPであるMakeShopと提携しているので、サイト構築へのサポートが充実。ただし、MakeShopの機能を利用する場合、別途MakeShop利用料金が必要。。

・利用料金:基本料金:月額3,000円ただし、1年間分をまとめて支払う必要がある
      利用料金:月額19,800円
      出荷料金:出荷に応じて発生「商品売上高×2.0%~7.5%(商品による)」

・商品仕入先:自社商品
・商品点数:数十万点
・取扱商品:家電・AV機器
      映像・DV
      音楽・CD
      ファッション・アクセサリ
      美容・健康
      生活・インテリア
      食品・ドリンク
      レジャー・トラベル
      おもちゃ・ホビー
・販売価格上限:なし
・販売価格下限:卸価格以上
・送料:商品により異なる


[Dropshipping Japan]
 独自商品が豊富にあるため、他DSPを使用しているドロップシッパーと差別化しやすい。また、アフィリエイト会員となるプランもある。。

・利用料金:無料
・商品仕入先:一般サプライヤー
・商品点数:約10,000
・取扱商品:ファッション・アクセサリ
      美容・健康
      生活・インテリア
・販売価格上限:なし
・販売価格下限:卸価格以上
・送料:商品により異なる


[WEB卸問屋]
 ドロップシッピングが流行る以前からDSPを行っていたので、すでにDSPのノウハウが蓄積されている。

・利用料金:入会金30,000円・月額2,500円
・商品仕入先:一般サプライヤー
・商品点数:不明
・取扱商品:ファッション・アクセサリ
      美容・健康
      生活・インテリア
・販売価格上限:なし
・最低販売価格:卸価格以上
・送料:全国一律870円


[A8ドロップス]
 もともとアフィリエイトサービスプロバイダを行っている。同サイト内でアフィリエイトとドロップシッピングをおおなう場合、サービスプロバイダを統一することで、管理が楽になるメリットがある。

・利用料金:月額525円
・商品仕入先:一般サプライヤー
・商品点数:約3,000
・取扱商品:ファッション・アクセサリ
      美容・健康
・販売価格上限:なし
・最低販売価格:商品ごとに設定されている
・送料:商品により異なる


[Shop Pager]
 本格派向け。「会員制卸売り展示販売場」と銘打っているだけあって、販売から顧客対応までほとんどの作業をドロップシッパー側でやらなければならない。

・利用料金:入会金10,000円
      取扱商品数によって月額2,500円~50,000円に変化
・商品仕入先:一般サプライヤー
・商品点数:約18,000
・取扱商品:家電・AV機器
      ファッション・アクセサリ
美容・健康
      生活・インテリア
      食品・ドリンク
本・マンガ
レジャー・トラベル
おもちゃ・ホビー
・販売価格上限:なし
・最低販売価格:商品ごとに設定されている
・送料:1商品あたり525円


[Dropshippers]
 卸型ドロップシッピングとアメリカでは主流の基本型ドロップシッピング(ベンダーとドロップシッパーの間にDSPが入らない型)の中間に位置するサービス。ドロップシッパーは直接ベンダーと交渉することも出来るためドロッップシッパーそれぞれの個性的なECサイトを展開することが出来る。

・利用料金:無料
・商品仕入先:一般サプライヤー・自社商品
・商品点数:約8,200
・取扱商品:コンピュータ
      ファッション・アクセサリ
      美容・健康
      食品・ドリンク
      おもちゃ・ホビー
・販売価格上限:なし
・最低販売価格:商品ごとに設定されている
・送料:商品により異なる

ドロップシッピングを始める前に、アフィリエイトとドロップシッピングのどちらが楽に稼げるか考えて見ましょう。


アフィリエイトで月5千円以上稼いでいる方どのくらいいるかご存知ですか。なんとアフィリエイター全体のたった5パーセントなんです。この5パーセントの方の中には月収100万以上の猛者もいますが、実際に稼いでいる人って少ないんですね。

残りの大多数の方は月に5千円も稼いでいないのです。現実は厳しいんですね。


アフィリエイトで稼ぐには、自分のサイトにアクセス数を集めなければなりません。普通の人では1日数十が限度ではないでしょう。また、そのサイトを訪問しても宣伝をクリックするかどうかもわかりませんね。もしあなたが訪れたサイトに宣伝が貼ってあったらクリックしますか?普通はしないですよね。ですので、アフィリエイトにはある程度限界があるのです。


アフィリエイトには、売り上げた商品の数パーセントを利益として還元されるものと、クリック保障型といってクリックするだけで数円もらえるのがあります。クリック保障がの代表はグーグルアドセンスですね。

このグーグルアドセンスで実際に稼いでいる人がどれだけいるか疑問です。中には月収数100ドルという人もいますが、そのような方は、1日のアクセス数が数千というスーパーサイトを持っている方だけなんです。


ですので、一般の方がアフィリエイトで儲けようと考えても中々上手くいかないのが現状です。

具体的に「もしもドロップシッピング」を見てみましょう。


もしもドロップシッピングのトップページ(http://www.moshimo.com/)を見てみましょう。派手なサイトですね。

このトップページを隅々までみることで、ドロップシッピングに興味をお持ちなら結構勉強になります。

では新規会員登録をしてみましょう。トップページの真ん中あたりに、新規登録用のバナーがありますのでそちらをクリックしてください。

すると、登録フォームが出てきますので、必要事項を記入します。

記入が終わったら規約に同意して登録するというボタンをクリックします。

「もしもドロップシッピング」は全て無料でできます。最初の挑戦するのにはとてもいいところです。

一応、審査がありますので、審査の結果をお待ちください。

審査に通り、登録完了通知が届きましたらログインしてみましょう。


ログイン後に卸値などが見られますので、自分が商売としてやっていけるかどうかを確認してみましょう。卸値といってもそんなに安くはないのに驚かれるのではないでしょうか。実際、どこのドロップシッピングでも卸値はこんなもんです。


現在は、安売り屋がたくさんありますので、それらの商品と比較して絶対にかなわないなと思ったら早めに撤退することをお勧めします。

カテゴリ

月別アーカイブ

コンテンツ

DESIGNED BY